2013年度
  2012年度
  2011年度
  2010年度
   

 vol.53│2012.3.28

 vol.52│2012.3.21

 vol.51│2012.3.19

 vol.50│2012.3.2

 vol.49│2012.2.25

 vol.48│2012.2.10

 vol.47│2012.2.4

 vol.46│2012.1.23

 vol.45│2011.12.31

 vol.44│2011.12.14

 vol.43│2011.11.20

 vol.42│2011.11.17

 vol.41│2011.10.24

 vol.40│2011.10.18

 vol.39│2011.10.3

 vol.38│2011.9.29

 vol.37│2011.9.13

 vol.36│2011.9.4

 vol.35│2011.8.30

 vol.34│2011.8.5

 vol.33│2011.8.5

 vol.32│2011.8.3

 vol.31│2011.7.30

 vol.30│2011.7.22

 vol.29│2011.7.14

 vol.28│2011.7.5

 vol.27│2011.7.4

 vol.26│2011.6.23

 vol.25│2011.6.20

 vol.24│2011.6.16

 vol.23│2011.6.12

 vol.22│2011.5.17

 vol.21│2011.4.25

 vol.20│2011.4.16

 vol.19│2011.4.16

 vol.18│2011.4.15

 vol.17│2011.4.15

 vol.16│2011.4.14

 vol.15│2011.4.12

 vol.14│2011.4.7

 vol.13│2011.4.6

 

home ☆福田ちかメールマガジンバックナンバー☆
2011年度


 
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.53 2012.3.28】

こんばんは。
福田ちかです。

本日、第1回定例議会が閉会いたしました。
約1カ月の間、予算など次年度へ向けての協議を重ね、無事に全てを終えました。

財政的に厳しい中でも進めるべき政策として、特に震災以降の安全安心の為の施策は待ったなしです。
小中学校の耐震は勿論のこと(25年度で全て終了)、公明党が進めた防火シャッターの安全装置を来年度、7校に取り付けが決定しました(残る学校は25年度予定)

そして昨日の読売新聞にも掲載されましたが、犯罪や災害などの緊急情報を配信する市のメールサービス「府中市安心安全メール」がリニューアルします。
現在の登録数は約1万5300件で、東日本大震災以降の一年間で登録数が約3倍に増加。
子供の保護者から非常時の緊急連絡体制整備を望む声が多い事を踏まえ、現行の緊急情報プラス出産・子育て情報、生涯学習等のイベント情報、市長のコラム等、また市立保育園や学童クラブ、小・中学校からの情報を特定の関係者に配信することの活用等(これは保護者会などで周知予定)順次稼働予定。現行の「安心安全メール」の利用者は、新システムにそのまま移行します。新システム配信は4月2日から。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.52 2012.3.21】

こんばんは。
福田ちかです。

予算委員会2日目が終了しました。今日は歳入と歳出の総務費と民生費の質疑でした。

そろそろ年度末ですね。4月から変更になる行政サービスが幾つかあります。
本日、広報が発行されましたのでご確認ください。

例えば〜
1、現在、実験運行を行なっているちゅうバス「押立町・朝日町循環」は、4月1日から30分間隔で本格運行を開始します。運行時刻は変更なしです。

2、4月から段ボールの収集が2週に1回となります。また一部の地域でびん缶など収集日が変更になります。各家庭に配布されている「ごみ・資源の出し方カレンダー」をご確認ください。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.51 2012.3.19】

こんにちは。
福田ちかです。

●議会も中盤戦!
新市長の所信表明から始まった今回の議会は、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革」に伴う改正条例を決定する事が中心に協議されました。(平成23年4月28日に成立、5月2日に公布されました。平成24年4月1日が施行期日)
国が法令で地方自治体の事務のやり方などをしばっている「義務付け・枠付け」について制約を最小限とし、都道府県から市町村への権限の移譲を行うものです。

さて、本日から予算委員会で、5日間の日程で審議されます。
景気が低迷する中、市の財政も厳しい状況ですが、大事な予算を審査する場ですのでしっかり確認・審査して参ります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.50 2012.3.2】

こんにちは。
福田ちかです。

昨日より議会がはじまりました。
本日は一般質問。私は来週の月曜(3/5)になります。
今日は皆様に再度お知らせがあります。

●「子宮頸がんワクチン接種」への公費助成(市民が1割負担)について「来年度はどうなるの?」と多くの方々からお問い合わせ・ご要望をいただき、公明党は引き続き公費助成が継続できるよう推進してきましたが、先日の国会での成立を受け、この度府中市でも24年度の継続が決定しました。
今年度同様に対象は「新高校1年生から新中学1年生まで」。今年度と異なる点は、23年度中ワクチン不足から3回接種しきれなかった「新高校2年生」ですが、今年度中(3/31)までに1回でも接種していれば24年度も助成の対象となるという点です。

詳細は府中市広報(3月1日号)もしくはホームページに掲載されています。

●3月1日〜8日は「女性の健康週間」。これを記念して、公明党女性局は各地で女性の防災・健康対策を訴える街頭演説を展開しています。
府中総支部では、3月3日、4日の両日、総支部女性委員と議員で街頭活動を実施の予定です。
◎街頭活動スケジュール
3月3日(土)13:00〜15:00
3月4日(日)13:00〜15:00

もし駅等で見かけることがありましたら応援よろしくお願いします!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.49 2012.2.25】

こんにちは。
福田ちかです。

いよいよ3月から議会が始まります(3/1〜3/28)
新市長を迎えて初めての議会であり、また新年度の予算を決める重要な議会です。
先日、一般質問の通告書を提出しました。
今回は2点「女性の視点を生かした防災対策を」と「地域防災力強化を求めて」と題し
東日本大震災以降、公明党女性局が取り組んできた女性防災会議にて、全国で実施した
「防災行政点検アンケート」の結果において、問題点が浮き彫りになったことから府中市の現状と改善を求めて参ります。
一般質問は3/2、3/5で、公明党市議団は5日になります。

公明党府中総支部女性局は,女性防災会議の取り組みとして,公明党の実績等を街頭で訴え、あわせて「防災チェックシート」を配布し、女性にとって「ためになる情報」を提供して参ります。

【 3/3(土)、3/4(日) 13時~15時 。場所は府中市内の駅前等】

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.48 2012.2.10】

こんにちは。
福田ちかです。

●昨日、野口市長が12年の任期を終え、退任いたしました。
そして今朝、高野律雄 新市長が登庁し府中市は新体制でスタートしました。

国会も8日に第4次補正予算が成立をし、二重ローン対策やエコカー補助金の復活、またヒブ・小児用肺炎球菌・子宮頸がんのワクチン支援事業の継続などが決定!

国の決定が遅い分、地方自治体の対応も年度内ギリギリになります。市民の有益になる情報は素早く提供できるように市にはたらきかけて参ります。

財政難の中、新年度に向けての予算決めは、国も市も同じように厳しいですが、必要な事に使い無駄を省くという当たり前の感覚を持っていきたいと思います。

●インフルエンザの警報が出ています。府中市の小中学校では先週がピークで、20級以上が学級閉鎖になりました。どうか皆様お気をつけください。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.47 2012.2.4】

こんにちは。
福田ちかです。

本日は公明党府中総支部のニュースをお知らせいたします。

去る2月2日夜、府中の森芸術劇場にて、今年も公明党府中総支部賀詞交歓会を開催させていただきました。
今年14回目を迎える本会は、かつてない多数の来賓 をお迎えし、参加人数も360人と過去最高を数え、昨年4月の市議選以降、友党である自民党有する市政会との連携、また先日の市長選挙で党として推薦した 高野律雄新市長との政策協定など、市政を支える市議会与党としての存在感を更に強め、また支援組織のみなさまのご理解・ご協力による党組織・体制を充実させていただいた結果であると強く認識するとともに、ご参加いただいた皆さま、応援してくださる皆さま、そして当日の役員はじめ影で支えていただいた多くの 皆さまに心より深く感謝・御礼申し上げます。

当日は遠田宗雄・府中総支部長の開会挨拶で幕を開け、中島義雄・都議会公明党幹事長、高木美智代衆議院議員(都本部副代表)の挨拶に続き、中島信一副市長 (市長代理)、村木茂府中市議会議長、比留間敏雄・都議会議員、高野律雄・新府中市長の各来賓より挨拶、濱中重美・日本商工連盟むさし府中地区代表世話人 の乾杯から、終始和やかな雰囲気の中、内外多数ご来場の皆様との語らいの中で、たくさんのご意見・ご要望、今後への期待などをいただきながら、大盛況のうちに幕を閉じました。

公明党府中市議団は、今後とも地域、行政、議会、企業等との連携をさらに強め、より信頼される存在として、5人力を合わせ、全力で取り組んで参ります。
引き続き公明党へのご理解・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

公明党 府中総支部

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.46 2012.1.23】

こんにちは。
福田ちかです。

昨日は、府中市長選挙の投開票でした。
公明党も推薦をした高野律雄(たかの のりお)さんが当選し、府中市第5代目の市長が誕生いたしました。
3期12年務められた野口市長は2月9日の任期をもって退陣されます。
これから行われる 3月の議会は、新・市長のもとに24年度の予算を決定する重要なものです。無駄をはぶき、必要なところにしっかりと予算が取れるようにして参ります。

先日20日は府中でも初雪が降りましたね。
そんな中、芸術の森劇場、ふるさとホールにて公明党府中総支部・女性局の講演会を開催いたしました。
寒い中、大勢の方にご来場いただき、大変にありがとうございました。
ご多忙の中、東京大学医学部付属病院・放射線科准教授の中川恵一医学博士をお迎えして「がんのひみつ」と題し講演をしていただき、先生は判り易く「がん」を正しく知ることの大切さを教えてくださいました。
竹谷とし子参議院議員も来て下さり、公明党女性議員が立ち上げた女性防災会議のお話をしてくださいました。

参加された皆様から「予防・健診が大事だと改めて認識した」との声を多くいただきました。
女性特有のがん「乳がん」「子宮頸がん」の無料健診クーポンに続き「大腸がん」無料健診クーポンの拡大が男女ともに昨年から始まりましたが、さらに「胃がん」そして「小児がん」についても助成を拡大できるよう訴えて参ります。「子宮頸がんワクチン」の定期接種も目指します。これからも「がんに立ち向かい、がんに負けない社会」の構築のため頑張って参ります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.45 2011.12.31】

こんにちは。
福田ちかです。

今年もあと残り数時間となりました。
この一年、皆様には大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

2011年は本当に激動の一年だったと思います。
東北の復興、原発事故問題、長引く不況・・・問題は山積です。
こんな時代だからこそ、個々が幸せを感じる事が出来る政策を推進していこうと思います!
ここで来年に向けての明るいニュースをお伝えします。
今月の20日に第4次補正予算案が閣議決定されました。
これには公明党が主張し続けてきた、妊婦健康診査支援基金の積み増し?延長や、安心子供基金の積み増し・延長。子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例基金の延長などが盛り込まれており、年明けの通常国会にて早々に審議されます。
正式に成立となった時、皆様に詳しくお伝えいたします。

もうひとつ、公明党が主張してきた政策が実現しました。母子健康手帳が新年度(平成24年4月1日)から改訂されますが、ここに「胆道閉鎖症の早期発見のためのカラーカード」が挿入されることになりました。
赤ちゃんの約1万人に1人の割合で発症すると言われ、生後60日以内に手術をすれば10年生存率が72%。生後120日を過ぎると0%と一気に下がるため、早期発見・早期手術が重要です。今回の「便色別カラーガード」は日常、保護者が赤ちゃんの便の色を確認できるので有効とされます。

混迷の時代、様々な課題が待ったなしの状況ですが、大衆とともに闘う公明党の議員として来年も全力で走り抜いて参ります!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.44 2011.12.14】

こんにちは。
福田ちかです。

昨日、第4回定例議会が終了いたしました。
今回の一般質問は、全国で相次ぐ自転車事故の問題を取り上げました。

10月25日に警察庁が自転車総合対策を発表してから、様々な問題点が報道されました。
府中市はすでに自転車の安全条例を制定していて、様々な取り組みをしていますが、周知徹底がまだまだ浸透していない状況です。
自転車は車道走行と言っても道路の整備がされないといけません。
歩行者、自転車走行者、自動車、この三者の安全確保が大事です。

そこで自転車の安全運転の講習が不可欠だと訴え、小学校や中学校にてすでに行っている安全教室をさらに市民にも拡大していくことと、法的規制はありませんが、自転車免許制の導入を訴えました。
現在、市は高齢者と小学生を対象に自転車競技会を開催し、その参加者に自転車免許を発行しています。ただ、代表参加ですので少人数の対応になっています。

また、自転車の保険も注目されています。自動車並みに対人事故での賠償が高額化している事例が昨今とても増えていて、加入促進が大事だと思います。

自転車は環境にも優しく、有酸素運動に最適で健康にも良いと言われています。
「府中市は自転車で走りやすい安全な町」を目指して参ります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.43 2011.11.20】

こんばんは。
福田ちかです。

空間放射線量測定器の貸出しが決まりました。
自治会・市民で構成された団体・グループへの空間放射線量測定器の貸出を各文化センターを窓口として実施します。今まで市においては特定か所の測定でしたが、この貸出により皆様の身近な地域の放射線量を知ることが可能になります。

測定器は各文化センターに1台配置。(この測定器は空間放射線量を測定するもので食品、水、土壌などに含まれる放射線物質は測定できません)

● 実施期間 平成23年11月22日から平成24年3月30日

● 月曜から金曜( 祝日・休館日をのぞく )8:30〜17:00まで

● 申し込み方法は、文化センターに直接電話をしてください。

詳しくは21日発行の広報・HPに載りますのでご覧ください。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.42 2011.11.17】

こんばんは。
福田ちかです。

すっかり秋も深まってきました。
寒くなり風邪も流行ってますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

実りの秋、収穫の秋!地元イベント情報〜

今週末19日、20日は郷土の森博物館にて第22回「農業まつり」が行われます。
両日9時〜15時まで入場料無料で開放します。
府中産の野菜、植木また、模擬店、バザー、ビンゴゲーム等盛りだくさんの内容です。

あわせて19日「府中郷土の森観光物産館」がオープンします!
府中の情報発信と農産物、特産品の販売拠点が完成しました。
場所は郷土の森博物館前(青年の家跡地)
19日はオープニングセレモニー等イベントもあり、タレントの安めぐみさんが一日館長を務めます。

この施設は、観光案内や地場野菜・特産品販売、レストランなど新しい府中の観光拠点となります。地元の産業、観光の活性化に、大いに貢献すると期待をしています。
皆さんもぜひ一度、遊びに行ってみてください。

話は変わりますが、先日、来年の予算要望を府中公明党として市長に提出致しました。
皆様の要望を実現できるよう強く進めてまいります!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.41 2011.10.24】

こんにちは。
福田ちかです。

本日、再開発対策特別委員会行政視察で大阪は寝屋川市にお邪魔しています。
明日は兵庫県宝塚市に行きます。府中も駅前南口の再開発が動き出していますが、先進的に再開発をしている市を実際に見て、府中の再開発をより良いものにするためにしっかり視察し勉強してまいります。

さて先日の10月21日付の広報にも掲載されましたが、ちゅうバスの「押立町・朝日町循環」が30分間隔の運行を11月1日から実施をする発表がありました。

このルートは今まで1時間に1本しか運行されず、利用者の皆様から増便のご要望が多く寄せられていました。もっと早い時期に実施される予定でしたが、東日本大震災の影響で自動車部品が間に合わず延期となっていました。
本当にお待たせしましたが、やっとやっと運行実施になります。実験運行とは言っていますが、続行するよう強く求めていきます。

なお運行に伴い府中駅のちゅうバス乗り場が変更します。詳しくは広報にてお確かめください。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.40 2011.10.18】

こんにちは。
福田ちかです。

只今、四国は香川県に議会運営委員会の視察で来ています。
3市の議会(高松市、観音寺市、丸亀市)を視察し、議会改革に反映できるよう、しっかり勉強してきます。

ニュースその1、東京都 空間放射線量測定の拡充。
話題は変わりますが、東京都は新宿百人町の東京都健康安全研究センターに1か所あるモニタリングポストに加え、今後6か所を増設することになりました。
増設場所は以下の通り(設置は10月末〜今年度内)

・東京都立篠崎公園 (江戸川区)
・東京都薬用植物園(小平市)
・東京国際空港(大田区)
・東京都立舎人公園(足立区)
・公立大学法人首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市)
・東京都調布飛行場(調布市)
設置後、測定値は公表されます。

ニュースその2、市内の剪定堆肥・腐葉土中の放射能性物質測定結果について。
若松苗圃で生産している公園の剪定枝チップ堆肥、落ち葉銀行の腐葉土、及び生ごみ資源循環システム事業で生産している堆肥用資材の試料を採取し測定をした結果、すべての検体において農林水産省が定めた放射性セシウムの暫定許容値である400Bq/kgを下回りました。
詳しい数値は広報及び、ホームページにて公開されます。

また今年度回収する落ち葉、剪定枝についての堆肥化、腐葉土化は中止し、全て廃棄処分となりました。
安全の対策をさらに推進していけるよう、また皆様に安心の情報を提供してまいります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.39 2011.10.3】

こんにちは。
福田ちかです。

本日、29日間に及ぶ定例議会が終了いたしました。
リーマンショック以降長引く不況、更に円高の影響で府中市においても市の財政が大変に厳しい中での補正予算編成また22年度の決算を決める議会でした。

財政が厳しいと言っても市民の命を守る「安心安全な街づくり」のために進めなければいけない大事な施策があります。

また3.11の東日本大震災で防災に関して認識の甘さ、問題点が浮き彫りになったと思います。また一人一人の価値観も少なからず変化をしたのではないでしょうか。
現在、都も市も防災対策を急ピッチで進めています。

今回の一般質問では、市民相談や皆様の要望から2件を取り上げ「発達障害の早期発見につながる5才児健診の導入を求める」と「資源ごみ無断持ち去りの禁止条例の制定を求める」を行ないました。
市からは前向きな回答をいただきましたが、実現に向けて今後も要望し続けていきます。

決算委員会の際、皆様の署名で本年度導入された3種のワクチン(ヒブ、肺炎球菌、子宮頚がん)の延長も求めました。
府中市議会公明党として推進してきた「市民墓地」は大きく進展し、稲城市との協同建設に向け動き出しました。2015年に提供開始となります。
「待機児童」の問題も新たな民間保育施設建設が決まり定員252人増となり待機児童の解消に一歩近づいたと思います。
これからも着実に皆様の要望をカタチにして参ります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.38 2011.9.29】

こんばんは。
福田ちかです。

約1カ月の会期となる第3回定例会も終盤をむかえ、先ほど決算委員会が終わり本会議を残すのみとなりました。
分厚い決算書と格闘の日々でしたが、自分なりに質問、意見も述べさせていただきました。
中身についてはまた触れさせていただきます。

長引く景気低迷、円高などで税収減という厳しい経済状況の中での財政運営ですが、住みよい街づくり、施策につなげて参ります。

昨日、公明党府中総支部の分会委員会を開催させていただき新体制の出発を致しました。
お忙しい中、地区委員分会委員の皆様にお集まりいただき大変にありがとうございます。
荒木参議院議員に来ていただき、本日の「公明新聞」の一面に掲載されました。

新聞と言えば・・・今日の読売新聞に掲載された記事に府中の子育て情報誌「子育てのたまて箱」が紹介されていました。
今まで2色刷りでしたがオールカラーで子育て情報満載!今日から市役所にて希望者に配布します。(A4判、100ページ150000部発行。今までのより見やすく、カワイイですよ)

しかも今まで120万円の製作費がでしたが、業者広告料にて賄いなんと0円!節約ができました。ぜひご活用ください。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.37 2011.9.13】

こんにちは。
福田ちかです。

○東日本大震災から昨日で半年が経ちました。
その間に首相が代わり、新内閣が発足。そして直後の大臣辞任!
何より被災地、被災者復興第一の政策をと強く希望します。

9月5日より 定例議会が始まりました。
先日、みな様からのご相談、沢山いただいたご要望の中から、一般質問をいたしました。これから10月3日まで各委員会、予算・決算特別委員会と続きます。
様々な課題がありますが一つ一つ取り組んで参ります。

○(施策ニュース)幼児2人同乗用自転車購入費補助
昨年に実施した2人同乗用の自転購入費の補助を今年も実施が決まりました。
公明党が推進をしてきた施策の一つです。

府中市民の方で5歳以下の幼児2人以上いる保護者(22年度に補助を受けている方を除く)限定30台。
メーカー、型は限定されています。(アンジェリーノAN263 幼児用後部座席付 茶色62465円)購入金額から2万円の補助。
9月30日まで(必着)往復はがきにてお申し込みください。詳しくは9月11日の広報に詳細が掲載されています。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.36 2011.9.4】

こんばんは。
福田ちかです。

●家具転倒防止器具支給の追加
府中市は6月に募集を行いました家具転倒防止器具の支給で、申請の取り下げなどが生じたため、次のとおり追加支給を行っています。
◎市に住民票、または外国人登録原票のある世帯主
(平成21年度から平成23年度にすでに支給決定をしている世帯を除きます。)

◎申込配布期間:9月1日(木)から9月14日(水)まで。
申込書の置いてある場所は市役所、中央防災センター、ルミエール3F、市政情報センターです。
突っ張り棒や固定具など6種類が点数制になっていて1世帯150ポイントまでです。500世帯の定員で、申し込み多数の場合は抽選になります。

自分で器具を取り付けることが困難な世帯は、市が取付けを行います。
詳しくは、府中市ホームペーをご覧ください。
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/index.html

●前回のメルマガにて発信した子宮頚がんワクチンの件で、いくつかのお問い合わせがありましたので補足させていただきます。
公費助成されるのは23年度中(24年3月31日まで)となっています。
◎「サ−バリックス」は初回接種の1ヶ月後、6ヶ月後。
◎「ガ−タシル」は初回接種の2ヶ月後、6ヶ月後。(ただし9/15〜の接種が助成対象)

いずれもこの9月中の接種がギリギリの期間になります。
24年度は国及び府中市の方向性も決まっていません。
せっかく今年の4月からの助成が決まったのにワクチン不足で出来ない期間があり、このような状況は納得できません。継続延長を強く訴えて参ります。

また「ガ−タシル」「サ−バリックス」の優劣はありません。どちらも子宮頚がんの予防効果は確かです。

なお、このメールマガジンは送信専用となります。皆様への返信が出来ないため、お問い合わせ等は下記のメールアドレスにお願いいたします。

Chika_mail_1112@yahoo.co.jp

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.35 2011.8.30】

こんばんは。
福田ちかです。

本年1月17日と24日に府中市議会公明党として、3ワクチン(子宮頚がん、ヒブ、小児用肺炎球菌)への公費助成の早期導入を求めて要望書と25694人の皆様からの署名簿を市へ提出させていただいた結果、本年4月から自己負担額任意接種費用額の1割で実施をしていただきました。
ただその中でも子宮頸がん予防ワクチンは品薄状態が続き、はじめに受けるのは最初に接種した方がほとんどで、金額ベースで3月が約48億円、7月は60億円となっており、新規で接種した方は12億円で約1万人と聞いております。接種率も、7月に品薄状態が解決されても20%程度との情報もあります。(品薄状態後の情報が無いため)この子宮頚がんワクチン接種の国と地方自治体の公費助成は23年度単年度の事業となっており、24年度はその継続か廃止か不明の状態です。
厚生労働省では、?子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業の円滑な実施について?を3月から7月まで4回事務連絡として地方自治体に発信しています。その内容は、接種対象者の優先順位を決めて実施する事も謳われていますが、医師会から未接種や3回以内の接種の対象者に対して24年度をまたがった措置について不明な事と24年度以降の継続についての問い合わせがあります。
また、半年で3回接種なので24年度公費助成がない場合を考えると9月末までに接種する呼びかけをするようになるのではと不安な声を聞きます。

8月26日に、もう1社のガーダシル(四価ワクチン)が発売されました。前述のような現象がおきると2社共に再び品薄状態になりかねません。このようなことを回避するためにも、先ずは24年度も継続して公費助成を求め、混乱を生じない状態にすることを国や自治体に求めてまいります。

民主党もやっと代表が決まりましたが、早期対応を必要とする政策がいっぱいあります!問題は山積しています。一日も早い国会の正常化、政策論議をしてほしいです!

□「メール登録解除」をご希望される場合は、下記URLにアクセスして下さい。
http://psasp.jp/fukuda/del/

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.34 2011.8.5】

こんにちは。
福田ちかです。

厳しい残暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
子供たちの楽しい夏休みも終盤ですね。もうすぐ新学期も始まりますが、市立小・中学校及び市立保育所の給食食材の放射線物質の検査と産地公表を実施することになりました。

市場に流通している食材は安全確認されているところですが、給食食材についての放射性物質の検査をと保護者の方からの要望もあり、この度実施にいたりました。

第1、2給食センターまた単独校3校、保育所15か所において9月1日〜実施します。
実施内容は・・野菜(果実・きのこ類を含む)食肉、卵、魚、牛乳、米など。
食材の産地公表とあわせてホームページに掲載します。
保育所は給食サンプルとあわせて施設内に毎日掲示、掲示した内容を1週間毎にホームページに掲載します。

続々と市内の放射能測定結果が出ていますが、未だ国の基準値など不明確な部分もあります。今、民主党は次の代表選一色になっていて、これでいいのかと怒りを感じます。この一連の原発事故対応の混乱を招いたのは現政権であるのは明白です!
先日も福島県に行って参りましたが、被災地主体の政策が本当に必要だと感じます。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.33 2011.8.5】

こんにちは。
福田ちかです。

昨日もものすごい雨でした。最近は「ピンポイント豪雨」と言うのだそうですね。

府中市内のプール水、地下水、水道水の放射性物質の測定結果が出ましたので速報にてお知らせいたします。

7月27日(水)に市内小学校、市民プールなど31か所のプール水と、武蔵台旧2号水源地下水および市役所本庁舎水道水の試料を採取し、委託調査機関にて放射性物質の測定を実施しました。なお、すべての測定場所で、放射性ヨウ素及び放射性セシウムはいずれも不検出(検出限値未満)でした。

市内は全小学校
市のプールは、郷土の森総合プール、市民プール(寿町)、美好水遊び広場、小柳プール、白糸台プール、西府プール、武蔵野台プール、新町プール、郷土の森博物館水遊びの池の9か所です。
府中市ホームページに掲載また、8/11号の広報にて公表いたします。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.32 2011.8.3】

こんにちは。
福田ちかです。

8月に突入しました。
ここのところハッキリとしないお天気が続き、気温も30度以下で夏の中休みという感じですね。ただ、天気予報では今週末あたりから暑さが戻ってくるということです。
どうか、くれぐれも熱中症にはお気をつけください。
公明党はいち早く7/21に「猛暑対策ビジョン2011」を発表、申し入れをしました。
熱中症死ゼロを目指した緊急対策を盛り込み、クールシェルター(外出者がクールダウンできる場所)の設置や適切な予防方法の周知など、具体的に提言をしました。

また、台風や夕立(ゲリラ豪雨)が増えてきました。
新潟・福島では記録的な大雨で多くの方が水害に遭われました。心よりお見舞いを申し上げます。
府中市においては「洪水ハザードマップ」を公表しています。本格的な台風シーズンの前に、お住まいになっている場所を是非点検してみてはいかがでしょうか。
府中市のホームページにも掲載されています。

また、あの「聞こえづらい!」というお声が非常に多かった「防災行政無線」がフリーダイヤルで確認できるようになりました。災害情報などを聞きそびれてしまった場合、こちらへ電話してご確認ください。
フリーダイヤル 電話:0800-8000-606 (環境安全部防災課危機対策係)

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.31 2011.7.30】

こんにちは。
福田ちかです。

●ニュース速報
府中市版・初の事業仕分け開催!
本日8時30分〜17時まで市役所北庁舎3階会議室にて「府中市事務事業点検」が行われています。今も丁度仕分け中です。
事務事業点検とは、限られた財源の有効活用を図るため、事業仕分けの手法を用い、市民や部外の専門家の意見を聞きながら、市が実施している行政サービスについて、必要性、妥当性、実施手法の有効性・効率性など公開の場で議論し点検をすることです。

40事業を点検。1事業につき40分。2班に分かれて行います。
実施にあたっては事業仕分けに関して豊富な実績と経験を有する政策シンクタンク「構想日本」の協力をいただき議論していきます。
40事業の中には、教育、福祉、広報、地域、環境等様々な事業があります。
テレビなどで有名になったあの仕分けのように追求して責めるような場ではなく、きちんと行政の価値評価をし、今後のための前向きな議論の場となっています。
中には時間をオーバーするエキサイティングな事業もあり、ひとつひとつ丁寧に行われています。

明日の31日も9時〜17時まで行われます。入退室は自由ですので、もし都合のいいお時間がありましたら、是非傍聴をされてみてはいかがでしょうか。
ちなみに明日は「ごみ減量運動啓発事業」「市立保育所管理運営事業」「駅周辺自転車対策事業」など20事業が行われます。詳しくは府中市ホームページに掲載されていますのでご覧ください。以上、お知らせでした。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.30 2011.7.22】

こんにちは。
福田ちかです。

福田ちかブログ30回を飾るうれしいお知らせです。
女子サッカーワールドカップ、ドイツ大会で初優勝を遂げた「なでしこジャパン」の主将沢穂希選手が府中市民だということは皆様ご存じだと思いますが、この度の快挙を祝し、府中市が初の市民栄誉賞を沢選手に贈る決定をしました。

沢主将はこの度の大会で得点王、最優秀選手(MVP)と大活躍されました。多くの人が深夜〜早朝にもかかわらずテレビの前で応援されたのではないでしょうか。

夢を諦めずに戦い抜いた「なでしこジャパン」の姿に、勇気をもらいました。
今の日本にとって大きな励み、希望になった優勝だったと思います。
何より府中っ子だというのが嬉しいですね。本当におめでとうございます。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.29 2011.7.14】

こんにちは。
福田ちかです。

昨日、委員会(厚生経済)の視察から帰ってまいりました。
愛知の高浜市、京都の長岡市京、大阪の守口市と福祉や観光に力を入れて取り組まれている様子を見聞きし、これからの府中市において参考になる充実した視察でした。
昨晩は東京に戻ったその足で、公明党第4支部 初の党員会を開催。
不慣れで迷惑をおかけしましたが、橘正剛都議会議員にも出席していただき、暑い中にも関わらず、大勢の方にお集まりいただきました。本当にありがとうございます。

皆様の多大なるご支援のおかげで、市議会議員に押し上げていただいたこの2カ月半のご報告をいたしました。(福田ちかNWESも発行、皆様のところへお届けいたします)
改めて、ご期待を裏切らぬよう、しっかり勉強していこう!感謝の気持ちで働いていこう!と決意をまた新たに致しました。

このメルマガで様々な情報をご提供できるよう、皆様の声をカタチに出来るよう、これからも頑張ってまいります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.28 2011.7.5】

こんにちは。
福田ちかです。

府中市内の空間放射線量の測定結果が出ましたのでお知らせいたします。
6/29〜7/4市立小学校、中学校、幼稚園、保育所の52か所および公園8か所の計60か所で、測定をしました。
(測定方法)1、地表面から高さ5cmおよび1mを測定
2、30秒間隔で5回の読み取りを行ない、5回の平均値をその地点での測定地とする。(公園は中央部分と砂場の2地点を測定)
(測定機器)東京都から貸与された小型放射線測定器を使用(DoseRAE2 PRM−1200)

自然放射線量は一般的に一時間当たり0.05マイクロシーベルトといわれています。今回測定した各場所は、0.03〜0.09という数値でした。結果すべての測定場所で、健康に影響を与える数値ではありませんでした。
なお全60か所の数値は、本日に府中市のホームページおよび7/11発行の広報にて発表される予定です。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.27 2011.7.4】

こんにちは。
福田ちかです。

まだ梅雨は明けませんが本当に暑い日が続いています。
7月より本格的に電力需給対策がスタートしました。
各企業、また家庭においても工夫をして節電に取り組まれていることと思います。
その対策のひとつに、休みを平日に移動する就業時間の変更を実施する企業もあります。
働くお母さんにとっては保育園、学童などお困りの方もいるかと思います。
そこで府中市は休日保育の実施を決めました。(7/1プレス発表)以下の通りお知らせします。

(対象者)府中市民である乳幼児および小学校3年生までの市立学童クラブに通っている児童のうち、保護者のいずれもが休業日の変更があり休日保育が必要な方、または保護者の休業日の変更により休日保育が必要となる方。※どちらの場合も勤務先の証明書が必要
(実施機関)7/1〜9/30 日曜、祝日
(実施保育所)・府中愛児園:乳幼児7時〜19時  学童8:30〜17:30
・高倉保育所:乳幼児7時~18時
各保育所に電話で申し込み後、面接を実施。必要書類等は各保育所へ直接問い合わせ。
(利用料金)無料

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.26 2011.6.23】

こんばんは
福田ちかです。

すでに新聞報道などでご存知かも知れませんが、前回のメルマガでもお知らせいたしました放射線測定の件で府中市としての取り組みが決まりました。

府中公明党としましても、市に対し要望をして参りました!

昨日付けで「府中市節電・放射能緊急対策本部」が設置されました。
以外、大まかですがお知らせします。

〇市独自で放射能測定を実施し、結果を公表いたします。

・東京都からの貸与測定器(1台)を活用し、市立小学校、中学校、幼稚園、保育所の測定を実施、結果を公表します。

・簡易測定器の購入をし、市立小学校22校に導入し、休日以外の毎日、定点定時の測定を実施、公表します。
私立小学校についても協力要請します。中学校、幼稚園、保育所、公園、広場等、定期的に測定するため各所管課に簡易型測定器を配備し、私立幼稚園、私立保育園については、専用の貸出用測定器を各所管課に配備します。
また、自治会などの地域団体への貸出を目的として、各文化センター及び環境政策課へ1台の配備を検討します。

・シンチレ−ション式サーベメ−ターの購入(納入に時間を要するため調査委託を実施)

・プ−ル水の調査委託

・土壌調査委託

・地下水及び水道管直結の水道水の調査委託

また、市の節電取り組みも発表されました。
放射能測定に関して、大きく前進したと思います。
公表の仕方、詳細はまたわかりましたらお知らせします。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.25 2011.6.20】

こんばんは
福田ちかです。

都内全域における空間放射線量の測定結果について。
府中市は6月17日に測定を実施いたしました。
次のとおり測定結果が発表されましたのでお知らせいたします。

測定結果
1、府中市立府中第9中学校
・高さ5cm  線量率0.06μGy/h(マイクログレイ/時間)
・高さ1m 線量率0.06μGy/h(マイクログレイ/時間)
2、府中市立南町小学校
・高さ5cm  線量率0.05μGy/h(マイクログレイ/時間)
・高さ1m 線量率0.04μGy/h(マイクログレイ/時間)
※大気中の 放射線量1グレイは1シーベルトに換算できます。
 
測定方法
5回の繰り返し測定による平均(1回あたり30秒)

以上、府中市のホームページにも公表されています。
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/index.html

また、近隣との差を知りたい場合は「都内における各地の空間放射線量の測定結果」も公表されています。
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/tonai/d20110617.html

今後も府中市は東京都から測定器を借りることになっていますので、さまざまな場所での測定を要望してまいります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.24 2011.6.16】

こんばんは
福田ちかです。

報道等でご存知の方も多いと思いますが、「都内全域における空間放射線量の測定」が明日、府中市においても実施されることになりました。
東京都福祉保健局において、都内地域を4Kmメッシュで区分し、市区町村の意向を踏まえ
区分ごとに原則1か所の都内100か所で測定、測定結果を都内および市ホームページにて公表いたします。
なお府中市におきましては2か所で測定を実施いたします。

・測定方法
 地表面5cm及び地面からの高さ1mの2ポイント

・測定機器
 シンチレーション式サーベイメータ 日立アロマメディカルTCS166

・測定項目
 空間放射線量(μGy/時)

・測定結果
 6月20日(月)午後2時以降(都公表後)に市ホームページにて公表予定       
以上、取り急ぎお知らせいたします。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.23 2011.6.12】

こんにちは
福田ちかです。

6月6日から第二回定例議会が始まりました。
7日、8日と一般質問が行われ、初めての一般質問を無事に終えました。
今回の初質問は、これからの議員としての決意も込めて、質問させていただきました。
正直なところすごく緊張しました!
今回は震災関連の質問が多く、私も「電力危機に対する府中市としての取り組みにおいて」と「被災者支援システムの導入・運用について」と題し2件の質問をいたしました。
今夏、猛暑が予測される中、原発事故の影響で電力不足が懸念され、企業、家庭においても節電が求められています。その中で府中市としての取り組みを明確に、そして万が一の停電時においてのサポート体制を明確に、安心して生活できるようにという事と、関東地方〜多摩地域において大きな地震による災害が起きた時の府中市のシステムを災害時に対応できるものに変えていく(阪神・淡路大震災の時に作られた被災者のためのシステム)という内容です。大まかな説明ですが、今後通信を発行いたしますので、そこで詳しく載せることにいたします。
今回多かった質問は放射能測定についての事でした。
福島第一原子力発電所は今回チェルノブイリと並ぶレベル7という大きな放射能事故となりました。今求められているのは、正確な情報を提供し目に見えない放射能の不安を払拭することです。
公明党は国会論戦などを通して、政府の安全基準について見直すよう主張し続けてきました。基準値も定まらず、風評被害も広がり混乱を招いているのは現政府の責任です!

府中市においては、東京農工大学が24時間の放射能測定積算値を毎日、文科省のHP(※1)で発表しています(全国大学等の協力による空間放射線量)。
放射能測定についてはあらゆる機関が検討、取り組みをはじめています。
皆様の安心につながる情報発信ができるようにしていくのが行政の大事な役割だと思います。
議員としてスタートしたばかりですが、皆様のご意見、ご要望にお応えできるよう、頑張って参ります。

(※1) http://www.mext.go.jp/ このHPの[都道府県別モニタリングデータ]から閲覧できます。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.22 2011.5.17】

こんにちは
福田ちかです。

皆様の多大なるご支援をいただき、初当選から早くも20日以上が経ちました。

先日(5/11)無事に初登庁を終え、初議会も緊張の連続でしたが、委員会も決まり本格的なスタートをきりました。

常任委員会には厚生経済委員会
特別委員会には再開発対策特別委員会
また、議会運営委員会に所属が決まりました。

新人議員としてこれから研修も始まります。初めての事ばかりですが、しっかり先輩方について勉強し、皆様にお応えできるよう力をつけてまいります。

初登庁の前(5/8〜5/10)に宮城、福島にも視察を兼ねたボランティアに行かせていただきました。(ブログにもレポートを載せました)
自分の目で見た被災地の状況は想像をはるかに超えていて、大きな衝撃を受けました。それでも現地の人が「前に進むしかない」とおっしゃった時、逆に勇気をいただきました。
今、この一大事に政治の役割が本当に大切だと実感します。

府中市においても今後、防災対策等を強化していかなくてはいけないと思います。
どこまでも「大衆とともに」の精神を胸に、全力で働いて参ります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中市議会議員

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.21 2011.4.25】

おはようございます。
福田ちかです。

このたび、皆様からの多大なるご支援をいただき、福田ちか 2536票で初当選、大勝利をさせていただきました。大変にありがとうございました。

昨年11月に決意をしてから今日まで、激変の日々でした。
主婦の身から一転、慣れないことだらけでご迷惑をおかけしましたが、支援をしていただいた皆様にお会いするたびに元気をいただきました。
皆様の真心からの応援に感謝してもしきれません。

今回は遊説カーを使用せずに選挙戦を戦いました。雨などで大変なこともありましたが沢山の方に応援していただきました。感謝の思いで一杯です。
これからはご恩返しのためにも一つ一つの課題に真剣に取り組み、全力で働いて参ります。
いただいたご要望を必ずカタチにしてまります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.20 2011.4.16】

こんばんは。
福田ちかです。

明日、いよいよ告示をむかえます!。
今日まで、支援者の皆さまの献身的な応援に、心より感謝申し上げます。
社会状況の大変な中、寒い日も雪の日も雨の日も、昼夜にわたり、懸命に支持拡大を訴えてくださいました。
福田ちかのポスターもたくさんたくさん貼って頂きました。
本当に本当にありがとうございます!
福田ちか、皆さまの「真心」を絶対に忘れません。

そして、本番のこの8日間、死にもの狂いで走り抜いてまいります。
生涯決めた「誓い」を果たすため、皆さまのご期待に応えるため、全身全霊で戦い抜いてまいります。そして、絶対に断固勝利します!

法律上、告示より選挙が終わるまでメルマガ配信ができませんが、街中で皆さまにお会いできることを楽しみに、全力で地域を駆けめぐって参ります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.19 2011.4.16】

こんにちは。
福田ちかです。

昨日付読売新聞の多摩版に、今回の選挙戦における、府中公明党の遊説カー使用自粛のことが好意的に取り上げられていました。

統一地方選は全国規模で行われるので、ガソリンの使用量は大きく、遊説カーに使う公費は相当な金額にのぼります。また、スピーカーから出る音で、大事な防災無線が聞こえなくなる可能性もあり、市議会公明党は、遊説カーを自粛する必要性を感じました。

そして、「まずは、わが府中から!」との思いで、各候補者に遊説カーの使用を取りやめることを呼びかけたのです。

ところが、どの候補者も「無視」もしくは「通常通り使用する」との回答でした。
非常に残念です。
わが党だけ、実施することに決定しました。

「震災地に行きました」とポスターやちらしでアピールする候補者もいますが、政治家自身が、自分の足元から努力や協力をしなければ、単なる震災の政治利用になると思います。
そこには、被災地の方に寄り添い、思いをはせる心が、あまりにも乏しいのではないでしょうか。

私は、今回の震災で、自ら被災されながらも、命がけで救援にあたる公明地方議員の姿に、議員の原点を教えて頂きました。そこには「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との公明党の魂がありました。

福田ちか、この魂を胸に刻み、皆さまのご期待に応えるため、最後の最後まで走り抜いてまいります。

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.18 2011.4.15】

こんにちは。
福田ちかです。

皆さまもご存じだと思いますが、政治評論家の森田実さんが、嬉しいコメントをブログに掲載してくれました!

抜粋でお伝えします。

−−−−−−−−−−
2011.4.9
森田実の言わねばならぬ
【272】

政党の機関紙では日頃、民主党と自民党2党の新聞を読んでいる。政治評論を行う者として、責任上すべての政党の機関紙を読まなければならないのだが、そこまで手が回らない。

(公明新聞・聖教新聞を)最近読み始めた。
「3.11東日本大震災」以後のことである。民主党と自民党の機関紙は週刊だが、『公明新聞』『聖教新聞』ともに日刊である。すごいことである。それ以上に、両紙とも内容にすごい迫力がある。紙面から熱気が伝わってくる。記者の力強い気が伝わってくる。

このような言い方をしては民主党と自民党の機関紙担当者には悪いが、こちらの両紙にはただなんとなく義務として新聞をつくっているという感じがある。魂がこもっていないのである。

共産党の機関紙は読んでいないが、どうだろうか? 一度読み比べてみたいと考えている。

『公明新聞』『聖教新聞』の編集者・記者の魂は真っ直ぐである。
真実を書いていると感ずる。民主党と自民党と公明党の3機関紙を比べて読んでいると、近い将来、日本の政治の主導権は民主党と自民党から離れて公明党に移るような感じがしてきた。
一生懸命・国民への思いやり・強い情熱、これがある組織は強いと思う。

(ここまで)
森田さんは、よく見て下さっていると思います。公明党の支援者の皆さまは、一生懸命で、思いやりに溢れています。そしてどこの党の支持者よりも「強い情熱」で応援してくださっています。

絶対に感謝の心を忘れず、最後まで戦い抜いてまいります!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.17 2011.4.15】

こんにちは。
福田ちかです。

約4ヶ月間、自転車で町を走ってきて季節を肌で実感しました。
やっぱり今が一番いい季節ですね。
春は自然と笑顔になります。

春本番!私もいよいよです!

そして、東北への復興支援も、これからが本番だと感じています。

支援者の御友人の方からもこんな声がありました。
「息子が被災地の応援に行っている。その息子が、『一番頑張っているのは公明党の議員だよ』と言ってた。だから応援するよ」と。

また、北海道大学大学院の山口教授が、公明党の震災対策について、声を寄せてくださいました。

「政策としては公明党が主張していることが、今やもっとも妥当だ」
「政策面で見られる公明党の視線は、まさに『常識』なのだと感じる」
「何があっても微動だにしない唯一の政党となった」と。
ありがたいお言葉です。

市議会公明党も奮闘しています。
震災直後から、市としてできることを様々提案し、18項目の緊急申し入れをしました。他党はやっていません。
あの日、府中市からの帰宅困難者のために、すぐに小学校や市の施設を開放し、対応にあたったのも市議会公明党です。

また、現地への生活必需品の輸送をはじめ、自転車等の寄贈、避難者の受け入れ体制の整備等も次々と申し入れをしました。
加えて、市民の皆さまが不安に感じていること、困っていることに、迅速に対応してきたつもりです。今、今後の市の地震対策や防災対策にも動いています。

【ちかの一言】
現地に行くことも大切ですが、それだけが被災者支援なのでしょうか。
被災地の方々の要望・不安に的確に迅速にこたえてこそ「政治」だと思います。
府中の民主党のポスターには、「震災被災地に入り、支援活動を行っています」
と、わざわざ書いています。
「ポスターにまでして書く内容なのでしょうか。
政権与党にある民主党の市議であるならば、今の民主党政府の数々の失態を明確にし、りーダーに明確な方向性を指し示したらどうでしょうか。
誰でもできることではなく、政治家でしかできないことを考えて動くべきだと思います。」

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.16 2011.4.14】

■被災地の市長の声

こんにちは。
福田ちかです。

今回は、公明党の震災への懸命な対応に、被災地の市長から声が届きました。抜粋ですがご紹介させて頂きます。

◆国が精一杯、取り組んでいるといっても、何をしているのか目に見えない。しかし、被災地を走る公明党議員の姿に本当に感謝している。庶民の代表の党だと思う。

◆公明党は震災後、その時々の重要なポイントを指摘しながら、具体的な対策を次から次へと政府に提言しており、的確に物事を進めている

◆災害をひとくくりに見ず、一人一人の細やかなところに目が届くのが公明党の特徴

◆公明党は地方議員が多く、アンテナをたくさん地域に持っている。そこから上がってくるものを提案しているのは公明党の一番良いところだ

などなど。
公明党は、野党ではありますが、震災地で次々と起こる諸問題に、スピード感と的確さをもって懸命に対応にあたってきました。
パフォーマンスなんて微塵もありません。

これからも、余震や復旧・復興に戦う東北の方々を全力で応援してまいります。

【公明党の震災対策(1)】

◆いま避難所で生活する方々は約16万人にのぼりますが、公明党は仮設住宅の早期建設とともに、他県の旅館やホテルでの被災者受け入れを政府に提案。その結果、各地の旅館等で12万人以上を受け入れる態勢ができ、公営住宅への入居も始まりました。

◆福島原発の問題。早急に核燃料プールを冷やさなければならない時に、政府は、冷却効果の薄い対策から実施。それが被害を広げることになりました。そこで公明党は、コンクリートを流し込む時に使う、長さ50メートルを超えるアームを持つ「生コン圧送機」を使うことを提案。これで、冷却については、スムーズに進むようになり、今でもそれが続けられています。

◆被災地で「自動車とガソリンが不足、自転車を必要とする住民が多い」との
話がありました。都議会公明党は、都と連携を取り、被災地のニーズを調査した上で、放置自転車を送りました。大変喜ばれています。

◆“空飛ぶ救命救急センター”と呼ばれるドクターヘリ―。東日本大地震の発生後、16道府県の16機が直ちに被災地に派遣され、負傷者や入院患者らの懸命の救出活動に当たりました。このドクターヘリの導入も公明党が推進したものです。

まだまだありますが、次のメルマガでご紹介させて頂きます。どこまでいっても現場のニーズに応えなければ意味がありません。
私、福田ちかも、生活現場を回り抜き、皆さまのニーズに応えられるよう走りに走り抜いてまいります!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.15 2011.4.12】

■皆様の声がカタチに!

こんにちは。
福田ちかです。

一昨日行われた統一地方選挙の前半戦では、大変な社会状況の中にも関わらず、
支援者の皆さまの献身的な応援で、各地で激戦を突破!。公明党は大勝利させて頂きました。
本当にありがとうございました!。

そして、いよいよ後半戦の戦いが、17日に告示を迎えます。
私、福田ちかは、市民の安全と暮らしを守るため、皆さまのご期待に断じてお応えするため、全身全霊で戦ってまいります!
安心で笑顔輝く府中をつくってまいります!

ここまで、多くの方々と貴重な出会いを重ねてきました。
その際、お聞きする、様々なご意見やご要望については、すぐに公明党の市議団や役所に連携を取り、改善に向けて動いて頂くよう、一生懸命訴えてきました。

その中で、最近では次の声をカタチにできました!

◆PCデポ横(若松町)のT字路の安全対策

見通しが悪く事故が多発していた場所。住民の方から改善の要望を受け、市に動いて頂きました。しかし、様々な規制の問題で、現状からあまり改善できないとのこと。

「これ以上、事故は防ぎたい!」。ただその思いだけで、地域住民の方とともに粘り強く、交渉し続けました。
すると、先日、新たな標識や反射するカラーテープなどが、ようやく設置されました!

◆遊歩道を塞いでいた木々の伐採

是政1丁目1番地辺りの遊歩道は、木々が塀からはみ出て、通行の妨げになり、防犯上も危険でした。子ども達も不安に感じていました。
先日、剪定をして頂き、綺麗な安心の遊歩道に変わりました!

◆損傷の激しかった東郷寺近くの道路を改修!

東郷寺近くの道路は、でこぼこがあり、大変危険な状態でした。通学路でもあり、早急な工事を要請。先日、アスファルトの舗装工事が終了しました!

他にも実現できたものがありますが、中には、思うように進まないものもあり、心苦しい限りです。しかし、どこまでも実現に向けて粘り強く、力を尽くしてまいります!。
福田ちかは、どんなに小さな声でも誠実に真剣に取り組んでまいります!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.14 2011.4.7】

■市議会公明党の防災実績

皆さま、こんにちは。
福田ちかです。

府中市議会公明党は、常日頃から市民を災害から守るため、様々な取り組みを行ってきました。

(1)小・中学校を安全・安心の避難場所に

災害時には小・中学校は大事な避難場所になります。公明党は子ども達の命と市民の安全を守るため、市内すべての小・中学校(公立)の耐震化工事を推進。平成25年までにすべての小・中学校で工事が完了します!
また、皆様の署名のおかげで、冷房も設置されます!

【ちかの一言】
民主党は事業仕分けで、この耐震化予算まで無駄と決めつけ削減。公明党が強く反発し、撤回させることができました。

(2)市内に防災拠点の設置を推進

市内に防災拠点の必要性を常に訴えていた市議会公明党。
その意向が反映される形で、矢崎町にあった勤労福祉会館跡地の有効利用することになりました。
それが「矢崎町防災公園」です。

この公園には、災害時に備え、様々な対策や工夫が施されています。

例えば、
◆地下に貯水タンク(500t)
◆井戸水手押しポンプ
◆物資倉庫の設置
◆倉庫の窓は太陽発電パネル
◆緊急時にかまどに変身するベンチ
◆太陽光・風力による照明施設
◆災害用仮設トイレ
◆行政無線の設置
などなど。

都内有数の充実した防災施設になっています。普段は穏やかな憩いの場所。でも、いざという時に命を守る安心の場所です!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】
 
 

☆福田ちかメールマガジン
【vol.13 2011.4.6】

■一本の赤鉛筆

皆さま、こんにちは。
福田ちかです。

今回は、ホットな話題を送ります。
私の主人の友達が、読売新聞の「声(気流)」の欄に投稿し、先月掲載されました。
そして昨日、5000通の中から1通だけ選ばれる「気流賞」に輝いたのです!。
良かったので転載します。

(以下、抜粋)

小学1年生の長女が、「今日、学校で褒められた」と、はにかみながら私に教えてくれました。
よく聞いてみると、通学路にあるパン屋さんの花壇で1本の赤鉛筆を見つけ、落とし物だと思って目の前の交番に友達と2人で届けたそうです。

すると、その日の朝会で先生が、「『今朝、わざわざ赤鉛筆を届けてくれた児童がいました。よく褒めてあげてください』と、お巡りさんから電話がありました。2人に大拍手」と紹介してくれたのだそうです。

何より感動したのは、子どもの親切心を見逃さなかったお巡りさんの心遣い、そして、クラス全員で喜びを共有して下さった先生です。
どれほど長女の自信につながったことか。大人の豊かな心から、最高の人間教育が生まれるのだと確信しました。

(↑ここまで)

心温まる内容ですね。
子どもの成長とそれを育む親、そしてそれを見守る地域の絆−−−震災後の復興にむけて、今、一番大切なことに感じます。

「地域の大人の一人一人」が未来を育む大切な存在なんですね。

私も、その一人として、「少しでも子どもたちの為に」と心掛けてきました。

PTA副会長の頃、放課後に子供たちが楽しく安全に遊べる場所を確保したいと、地域の皆さんと取り組んだことがあります。
今では市内全小学校で、放課後の校庭が開放され、「放課後見守り隊」や「放課後子ども教室」として実施されています。

これからも地域の方々とともに、豊かで安心の教育環境づくりに頑張ってまいります!

--------------------
福田ちか(ふくだ・ちか)
公明党府中総支部
副女性部長

▼福田ちか公式サイト↓
http://fukuda-chika.com/
▼福田ちかブログ↓
http://fukuda-chika.jugem.jp/
--------------------

 
【TOPへ戻る】